インクジェットメディア・ラミネートフィルム・その他豊富な品揃えの看板資材専門店です!

送料について
沖縄への送料はいくらになりますか?
商品によって異なりますが、弊社出荷の1400幅までの商品で、本土の場合基本は3,000円(税抜)となっています。
それ以外に関しては一度ご確認下さい。
なお、一部のメーカー商品などは料金が変わる場合があります。
変わる場合は一度事前に連絡させていただきます。

また、注文の度に金額が変わる場合(商品)がありますのでご了承ください。
 
送料は商品個々に設定させていただいております
通常は1注文につき1000円+税。
30,000円+税 以上は無料となります。

※機械は別途送料がかかります。
※特定商品、特定メーカー品、配送先が沖縄・北海道や離島の場合等により、表示された送料より別途必要になる場合がございます。
※正式な送料は確認メールにてご連絡させていただきますのでご確認ください。
※送料が変わる場合は注文後、配送前にご連絡差し上げます。
送料に関しまして事前にお問い合わせいただければ、ご連絡させていただきます。
送料の見積もりはもらえますか?
無料にてお見積りいたします。
ご希望の商品と、お届け先お問合せフォームよりご連絡くださいませ。
納期について
納期はどれくらいかかりますか?
弊社在庫商品は16時までの注文で基本的に当日出荷です。
ただし前振込みの場合は入金確認後の発送となります。
繁忙期などの時期によっては翌日になる場合もあります。
お急ぎの場合は一度ご連絡ください。

メーカー商品は代引きの場合、納期が通常の納期より1日多くかかります。

お急ぎの場合はクレジット払いが一番スムーズになります。
注文後何かあった場合はこちらからご連絡をさせていただいています。
お客様のご注文後、手配が遅れることを防ぐために、
弊社からのメールやお客様へのお電話がないかの確認をよろしくお願いします。
急ぎの注文などには対応してもらえますか?
可能な限りご対応させて頂きたいと思いますが、お時間、ご注文のタイミングによっては難しい物もございます。
お早目のご注文をお願いすると共に、ご確認のご連絡を頂きたいと思います。
緊急の場合はお手数をお掛けしますがお電話にてお問合せいただけますとスムーズに対応させていただけます。 
配送方法について
配送方法はどこになりますか?
佐川急便の宅配便を主に使用しますが、商品やその他の状況によっては
他の配達業者にて配送させていただく場合がございます。

配送業者の指定を希望する場合、できる場合でも、料金が上がることがありますのでご了承ください。
配送業者を指定できますか?
ご希望の場合は指定の配送業者にて配送させていただきます。その際、納期が通常よりかかることや、送料が別途かかる場合もございますのでご了承ください。
また、別の配送業者が選べない商品もございますのでご了承願います。

ご希望の際はご注文画面の備考欄に「○○便で配送希望」とご記入ください。
商品加工について
ロールメディアのスリット加工は出来ますか?
インクジェットメディアまたはカッティングシート等ロールメディアのスリット加工も承ります。
その際別途、下記スリット料金がかかります。

◆スリット加工料金例
-------------------
メディア1本につき
1スリット目: 2,500円+税
2スリット目以降: 500円+税/1スリット
-------------------
※ただし、商品によっては別途かかる場合があります。事前にご確認いただけますと確実です。

特に2500幅のスリットは別途かかります。

スタンド看板の特注は可能ですか?
商品によって可能な商品と不可能な商品がございます。
特注をご希望の際は事前にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
商品の販売価格について
注文後価格が変わることはありますか?
弊社オリジナルの商品や溶剤用メディアラミネートフイルムなどに関して価格が変わることはほとんどありませんが、
小物や資材に関してはメーカーの価格の修正や仕様変更があるため、
一部メーカー商品は価格が変わる場合があります。
その場合は注文後ご連絡を差し上げますのであらかじめご了承下さい。
商品は安くなりますか?
商品はロット買いのときに安くなる場合があります。
口頭での金額の返答に関しては行っておりませんし、
万が一目安の金額をお返事をしたとしても保証はしません。
※商品によっては短い期間で変化するものもあるためです。

必ずお問い合わせフォームから商品名と数量をご連絡下さい
よろしくお願いします。
ロット購入で安くなりますか?
ロットでの購入でお安くなる場合がございます。
大量購入であったり、年間を通して多く使う可能性のある方は一度お問合せくださいませ。
サンプルについて
 サンプルの請求は無料ですか?
サンプルの多くは無料サンプルとなっているのですが、
一部有料となるサンプルもございます。
どうぞお気軽にお問合せや、サンプル請求をしてください。

基本的に自社の商品に関しては無料にてサンプルを提供しております。
サンプル依頼ボタンのない商品のサンプルはもらえますか?
基本的にサンプル依頼ボタンのついていない商品のサンプルのご用意がメーカー様にございません。
大変申し訳ございませんが、確認されたい場合はお問合せをお願い致します。
 サンプルには送料はかかりますか?
無料サンプルの場合、原則かかりません。
ですが、沖縄・離島等、特殊な地域の場合は無料サンプルのご請求でも配送料がかかる場合がございます。
ご了承くださいませ。
印字・印刷サンプルは貰えますか?
弊社のシステムや、メディア等であれば可能です。
まずはお問合せサンプル依頼フォームよりご連絡くださいませ。
昇華プリントについて
昇華プリントを始めたい。何から揃えればよいですか?
全くの初めての方であれば、弊社の昇華プリントシステムがオススメです。
作りたいグッズなどに合わせて最適なご提案をさせていただければと思いますので、一度お問合せくださいませ。
今持っているプリンタで昇華プリントを始められますか?
始める事が出来る場合と、弊社では対応していない場合がございます。
お持ちのプリンタのメーカー型番を一度ご連絡下さいませ。
お問い合わせはこちら
昇華用転写紙について
昇華用転写紙って何ですか?
昇華転写を行う際に、昇華用転写紙に昇華用インクて印刷したものを対象物に転写する、
といった工程の際に、転写したいものを印刷する紙の事です。

一般的に転写や転写紙というとアイロンプリントを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

昇華転写に使う転写紙には、一般的に糊付きと糊なしがあります。
生地には転写中のズレ(ゴースト)を防止するため糊付きを使うことが多いのですが、
糊付きを使うと転写紙を剥がす際に生地を痛める可能性があり、注意が必要です。
なお、逆に生地以外の陶器や紙などに対して糊付きを使うと、糊の成分が邪魔をして
印刷にノイズが出るなど印刷が荒れる場合がありますのでご注意ください。

商品ページはこちら
転写紙に印刷後すぐに転写してもいいですか?
転写紙の乾燥後の転写をお願いします。
転写するものによっては完全に乾燥させる必要があるのでご注意ください。
昇華用プレス機について
マグカップを3Dプレス機で昇華印刷をしたのですが、ぼやけてしまいます。どうしたらいいでしょうか?
 昇華の時間が短すぎると対応が昇華不十分な状態になり、
長すぎると白い部分を中心にぼやけます。

個数が増えると時間がより必要になりますので、 
調整しながら行ってください。

参考値は弊社営業が導入時にお知らせいたします。
TexStylus3D400と3D200の違いを教えてください。
3Dプレス機は同じなのですが、プリンタが異なります。
3D400はA2のプリンタ 3D200はA4のプリンタとなります。

また、インクスロットの数が異なるので、使い方もやや異なります。
3D400は8本 3D200は4本 通常使うスロットは4色で良いのですが、
8スロットの場合、4色×2スロットまたは4色スロット+蛍光インクなどの利用が可能です。
また、ノズルが詰まってしまった際に緊急対応として別のスロットを割り当て、仕事を止めずに続けることが可能です。
GFH-380なのですが、女性でも扱う事が出来ますか?
圧力は手動で調整できますので通常の圧力では押せない場合でも、 圧力に調整していただくことが可能です。 手動で圧力を調整しますので、圧力計のメモリがアナログ仕様となっており、 デジタルのような正確な圧力は測り兼ねます。 高圧力でしっかりとプレスしたいとのことでしたら、 全自動タイプのプレス機もございます。 全自動になりますので、力が要らず女性でも簡単に扱うことができます。
GFH-380にはオプションでもいいのですが、ワンポイント用などの下ゴテは有りますか?
申しわけございません。 こちらの商品のコテは交換できない固定タイプとなっております。
熱転写ラバーについて
熱転写ラバーって何ですか?
基本的にポリウレタン製の耐熱のラバーシートです。
溶剤用インクジェットプリンタで印刷をして使用するラバーシートと、
カッティングプロッタでカットして使うラバーシートがあります。
糊面が熱で溶けるタイプとなっており、どちらも熱と圧力で生地につけます。
生地に応じたラバーシートを使うことが必須となります。

主に、Tシャツやパーカー、ユニフォームなど身の回りの衣料品に使われています。
アイロンで使えますか?
アイロンでも加工することは可能です。
ただし、アイロンで行う点の注意点として、

・温度は目安となる。
・力をかける度合いを均一に保つこと。
・平らな部分で行う。
・スチームは使わない。

以上注意してください。

通常は平らなプレス機を使って行います。
ご注文はこちらからお願いします。

一般的なアイロンの温度ってわかりますか?
一般的にアイロンの温度は

低温:80〜120℃
中温:160℃
高温:200℃

となります。
あくまで一般的なため参考値としてご覧ください。
プリントラバーの切り売りは可能ですか?
大変申し訳ございません、プリント用ラバーシートの切り売りは現在の所行っておりません。
ロールでのご購入をお願い致します。

※単色ラバーシートの切り売りはございます。
単色ラバーシート切り売りはこちら
フォントについて
フォントの使用範囲は?商用利用できますか?
◆印刷物
商標登録等、法的保護を受ける場合は、有償の許諾契約を結んでいただく必要あります。

◆デジタルコンテンツ、映像、ゲーム
上記も有償の契約を結ぶ必要があります。
どのようにして利用したいかご連絡下さい。
MagicPrintについて
MagicPrintシステムって何?
まずMagicPrintとは
・太陽の光(UV)が当たると色が変わるソーラーインク
・ブラックライトの光を当てると発光するブラックライトインク
・蛍光インク
という光反応インクを使った印刷の事です。

MagicPrintシステムはシステムと名のつく通り、
このセットをご購入いただければMagicPrintを行う事が出来ます。

現在ブラックライトに反応するインクを使って印刷が出来るシステムと、
蛍光インクを使って印刷が出来るシステムが発売されています。
インクジェットメディアについての質問
Flat-Lに良くある質問をまとめました。
◆表面がでこぼこしています
  ◇温度を低くしてみてください

◆ヘッドがこすってしまいます
  ◇温度を低くしてみてください

◆ベタ印刷をすると所々ムラになる
  ◇プリンタヘッド、送り補正、ドット位置補正の確認をしてください
  ◇中間色の場合、プラテン温度、室温を低くしてみてください
ポスターペーパーによくある質問をまとめました
◆印字面がくっついている
  ◇保管場所が湿度、高温になる場所を避けてください
  ◇寝かせて保管していませんか?立てて保管してください

◆表面に1、2mmくらいのピンホールがいくつかある
  ◇ポスターペーパーは1、2mm程度のピンホールはあります
  ◇5mmくらいのピンホールがいくつもあれば交換対象となります
溶剤用ポスター合成紙(糊なし)によくある質問をまとめました。
◆巻取り機を使うと乾燥が遅くて写ってしまうのですが
  ◇温度を高くしてRIP上にてインク量を10%〜15%減らしてみてください
水性合成紙裏グレーによくある質問をまとめました。
◆ベタ印刷をすると所々ムラになる
  ◇プリンタヘッド、送り補正、ドット位置補正の確認をしてください
  ◇中間色の場合、プラテン温度、室温を低くしてください
耐久ターポリンによくある質問をまとめました。
◆施工後、数ヶ月でやぶける
  ◇風当たりの強い場所に施工する場合はハドメのピッチを短くして下さい。

  ハトメのピッチを広くすると、風のばたつきがおきて破れやすくなります。
イベント塩ビによくある質問をまとめました。
◆施工後、数ヶ月で端の方からめくれてくる
  ◇強粘着ではなく、再剥離糊を使用しているため、中期使用の場合は端を織り込んでください。
  ◇重ね合わせの場合は多少めくれてきます。

あくまで短期用を中心とした商品ですので、ご注意下さい。
工夫次第で中期も使えますので、場合によってうまく使い分けてください。
インクジェットメディアのサンプルはありますか?
サンプルがございます。
無料サンプルがあるものと、有料サンプルになる商品があります。
サンプル依頼から必要なメディアや用途などをお伝え下さい。
ラミネーター・ラミネートフィルムについて
ラミネーターってなんですか?
ラミネーターとは印刷物や写真などをキズや退色等の劣化から守る為に薄い透明なフィルムを貼るための機械です。
1300幅までラミネートできるものからカードサイズ用の小さい物までサイズも豊富です。

ラミネーター・ラミネートフィルム はこちら
ラミネートフィルムってなんですか?
ラミネートフィルムとは印刷物や写真などをキズや退色等の劣化から守る為に薄い透明なフィルムです。
ラミネーターがそのラミネートフィルムを貼る機械になります。

1300mm幅までラミネートできるものからカードサイズ用の小さい物までサイズも豊富です。
ポスターでいうB0サイズの大きさが1030mm幅ですので、B0ポスターでも楽々ラミネートできる大きさです。

フィルムには、表面質につや無し(マット)や、つや有(グロス)などの種類があり、耐久性だけでなく印刷物への質感向上などのためにも利用されます。
また、診察券などによく使用されるラミネートは俗にパウチラミネートと呼ばれ、熱によりフィルムを溶かしてくっつけます。 冷えると硬化するので折れにも強くなります。

ラミネーターフィルムはこちら
アンダーフィルムとはなんですか?
ラミネート対象物がラミネートの幅よりも小さい場合、オーバーした部分のラミネートの糊がローラーに残らないようにするための紙です。
ロールでラミネートを使用する場合は、ほぼ必要ですので同時にお買い求めいただければと思います。

アンダーフィルムはこちら
初めてラミネーターを使います。何を買えばいいですか?
初めての方へ必要なものは下記の通りです。
◆ラミネーターの場合
○ラミネーター本体
○ラミネートフィルム
○アンダーフィルム※

◆パウチ機の場合
○パウチ機本体
○パウチフィルム

※アンダーフィルムは、ラミネートをかけるものよりもラミネートフィルムの幅が広い際に必須となってきます。
使い捨てになる部分ですが、ラミネートフィルム幅によっては必ず使うものになりますのでご確認のうえお買い求め下さい。
ラミネート加工って何のためにしますか?
基本的には、印刷物の保護のために行います。
色落ちや摩耗を防いで、印刷物が長持ちするようにしたり、耐水性や耐久性をあげて、屋外でも使用できるようにします。
また、美観上げるためや高級感を上げる等の、見た目に配慮した使用方法もございます。
コールドラミネーターとホットラミネータの違いはなんですか?
ラミネーターにはコールドラミネーターとホットラミネーターの2種類がございます。
コールドはヒーター無し、ホットはヒーター有りを意味します。
ヒーターがあるホットラミネーターの場合、熱によりフィルムについている糊が柔らかくなり、通常より、印刷物への密着度が高くなります。
しかし、現在市販されているラミネートフィルムの糊であればコールドでも十分に密着するため、最近ではコールドラミネーターのみご使用される方が増えています。

ホットラミネートにはパウチ加工ができるものがあります。 こちらはパウチホットラミネーターとも言われ、一般的にラミネート加工をされる方には、こちらの方がなじみ深いと思います。
 ラミネートをした後、ラミネートは剥がせますか?
ラミネート加工を行った後は、コールドラミネートフィルム加工でも、ホットラミネート加工でも剥がすことはできません。
仮に剥がすことができたとしても、コールドラミネートは糊を圧着してラミネート加工しているので、 剥がした後は汚くなります。
ホットラミネート加工の場合も同様に、ラミネートが加工物に圧着していますので、剥がすことはできません。
コールドラミネートと、ホットラミネートはどのくらいの厚さまで対応できますか?
対応厚はラミネーターによって変わります。

ホットパウチラミネーターの場合は、加工物を両面で挟み込んで密閉するので、 0.5mm幅までのものならば、パウチ加工ができるとされています。

コールドラミネーターの場合は、パウチ加工のように両面を挟むわけではないので、 ある程度の厚さまでラミネート加工をすることができます。 お客様がお使いのラミネーターで確認してみることをおすすめします。
屋外に出しておくと、紫外線で色が薄くなってしまいます。
ラミネートをかけて紫外線をカットすることはできますか?
紫外線をカットするラミネートフィルムがございます。
UVカット加工と表記されている、長期用のラミネートフィルムは屋外でも対応可能です。

UVカット加工がされているラミネートフィルムはこちらになります。
ラミネート加工をするとしわになります
水分の多いもの、油分が含まれているものは、圧着がうまくいきませんのできれいにラミネートされない可能性がございます。
インクジェットで印刷されたものは、パウチラミネート加工の場合、すぐにラミネート加工を行うと、 シワになる原因となるので、印刷後よく乾燥させてからラミネート加工をしてみてください。
コールドラミネート加工では、インクジェットで印刷された加工物に対しても一般的に問題はないといわれておりますので、 気になるようでしたら、コールドラミネート加工をおすすめ致します。
ラミネーターでマスキング貼りは出来ますか?
可能です。 ガラスや液晶などの壊れやすい製品をローラーに通す場合は、破損にお気を付けください。
長期ってどのくらいですか?
商品にもよりますが、通常3〜5年と言われています。
使用環境によっても異なりますので、保証値というわけではございません。
オススメのラミネーターはありますか?
用途にもよりますが、電動タイプだとGCL-650/1600がオススメです。
全自動タイプですと、Lami-Saurus、IKO-650EM、RSC-2702などが人気です。
全自動タイプをお考えの場合は一度お問合せいただけますと、より正確なご案内をさせて頂けます。

商品はこちらからご確認くださいませ。
◆電動タイプ
GCL-650
GCL-1600

◆全自動タイプ
Lami-Saurus
IKO-650EM
RSC-2702
コールドラミネートについて
コールドラミネートに、パウチフィルムのような耐水性はありますか?
パウチラミネートフィルムのように両面を挟むわけではないので、耐水性が強いわけではありません。
ただ、合成紙とコールドラミネートフィルムを合わせることで、ある程度の耐水性をもつことはできます。
コールドラミネートフィルムと合わせる合成紙は、こちらからもお取り扱いしております。

e-za SOLポスター合成紙 【セミグロス】 糊付き (1067mm×50M)
e-za SOLポスター合成紙 【セミグロス】 糊なし (1370mm×50M)
コールドラミネーターでラミネートしたものに、シワができるのですがどうしたらいいですか?
シワにならないように圧着させてもシワができる場合、二つの原因がか考えられます。

一つ目は、ラミネートフィルムの糊によってシワに見える場合です。 数日間は、ラミネートフィルムの糊が加工物に残り、シワのように見えるときがあります。
糊によるシワは数日間置いておくことで抜けますので、心配いりません。

二つ目は、コールドラミネートは、ラミネーターを通して圧着させるものですので、多少の擦り等がございます。 特に黒い印刷物を通されたときに目立ちます。 これは製品の仕様上必ず起こるものですので、ご了承ください。
気になるようでしたら、グロスラミネートよりもマットラミネートをお使いいただくか、 表面が固いラミネートをお使いいただくことをおすすめします。
ホットラミネートについて
ウォームアップタイムとはなんですか?
ウォームアップタイムとは、使用できる温度に達するまでの時間のことを言います。
ウォームアップタイムが短ければ、温まるまでに要する時間が短いということですので、すぐ使用できる状態になります。
ただし、パウチラミネーター等は温度が高い状態で使用する機械ですので、温度が低い状態ですと仕上がりが汚いものとなります。
業務用として、短い機種ほど連続使用に適しております。
ホットラミネートで、ラミネートをかけると印刷物が白っぽくなるのですが、どうしたらいいですか?
温度不足によって印刷物が白っぽくなっている可能性があります。
逆に温度が高すぎると平滑性が損なわれたりしますので、機械の温度を調整してみてください。
パウチラミネーターの仕様について
ローラーの数とは?
小型ラミネーターにあるローラーの数は2本、4本、6本の3種類あります。
ローラーの数が増えるほどラミネートの仕上がりが綺麗です。
ただし、比較するとわかるということであり、2本のときも仕上がりは十分綺麗ですのでご安心ください。
対応フィルム厚とは?
対応フィルム厚とは、対応しているパウチフィルムの厚さになります。

一般的に使われるのが、100ミクロンのパウチフィルムで、業務用などでも使用される少し厚めのものが150ミクロンです。
それ以上の厚さでは、250ミクロンに対応しているものもありますので、用途に応じてお買い求めください。
パウチフィルムの速度について
パウチフィルムの速度は一般的には可変式です。
早いものは大量使用に向いていますが、大量にパウチする場合は温度にお気をつけ下さい。
温度が足りなくなると、ラミネートが加工が汚くなります。
消費電力の違いは?
基本的に気にしなくて結構です。

消費電力が影響するのは、対応ラミネート厚とウォームアップタイム、そして連続使用する場合です。
対応ラミネート厚やウォームアップタイムを見ていただければと思います。
パウチラミネートをきれいにする方法はありますか?
パウチラミネートをきれいにする方法としましては、できるだけ余白部分を少なくすることです。
ですので、A4フィルムをご使用になられる場合は、A4サイズのものの加工物が一番きれいにラミネートできます。

A4フィルムでそれよりも小さいポストカードサイズを加工する場合などは、 紙のない部分がローラーに巻き込まれてラミネートがきれいにできない、機械が故障する可能性が高くなります。
巻き込まれないようにするには、余白部分に捨ててもいいような小さな紙を挟むことで、 それをある程度防ぐことができます。
そのあとは、ラミネートの必要な部分だけをカットすれば問題なくご使用なれます。

※ラミネートをかける前にラミネートフィルムをカットすると、
カットした部分の糊がローラーにつき、巻き込みや故障の原因となりますのでおやめください。
パウチラミネーターでラミネートすると波うちが発生します
挟み込んでいる印刷物、加工物が薄い可能性があります。
厚手のもので一度お試しください。 またラミネートフィルムが薄い場合があります。
その際は、ラミネートフィルムを厚めのものを試してください。
温度が高い場合も考えられますので、一度少し温度を下げてラミネートしてみてください。
パウチラミで屋外に掲載出来ますか?
掲載する事は可能ですが、UVカット加工がされているフィルムが現在ございませんので、長期間の掲載には向きません。
密閉されているので、防水機能はあるので、雨天時の短期用と考えていただければと思います。
その他
返品について
こちら返品についてをご覧下さい。

看板資材は注文後作成してお送りする受注生産物があります。
上記のためメーカー品の一部におきまして、
いかなる場合もお客様都合による返品はできない商品があります。

ご注意下さい。
オリジナル機械についての保証範囲はどれくらいですか?
品質保証について(以下該当機種のみ対応しています。)
GFH-380 GCL-1600

無料修理について

■本規定は、お買い上げになられた製品を安心してご愛用いただけるよう、出荷後の保守について弊社が定めたものです。  製品が故障した場合は、この規定に基づき修理・交換いたします。
  • 保守期間は購入日より6ヶ月となります。
  • 無料修理には消耗品は含まれません。
  • 保守期間内である場合でも、無料修理適用外の故障である場合は、有償修理となる場合がございます。
  • 加工/結果に関するトラブルの場合は、可能な範囲でそのサンプルおよび使用したメディアを添付してください。
  • 修理等の際に交換した不良部品の所有権は、お客様にはありません。
  • 故障の状況によっては、弊社の判断により、製品本体を同一機種または同等仕様の機種と交換等させていただくことがあります。  なお、同等機種により交換した場合は、交換前の製品の付属品をご使用いただけなくなることがあります。
  • 修理等には相当な時間をいただく場合があります。修理期間中の業務補償は対象外となります。
  • 保守は本製品のみに限られます。付属購入品、設置に加わる費用等は対象外となります。

無料修理適用外について

■保守期間内であっても次のような場合には保守対象外となります。
  • 本書のご掲示がない場合。
  • 本書の偽造あるいは字句を書き換えられた場合。
  • 火災、地震、水害、落雷、その他天災地変、公害や異常電圧による故障及び損傷。
  • お買い上げ後の輸送、移動時の落下などお取り扱いが不適当なため生じた故障及び損傷。
  • 使用上の誤りによる破損、故障。
  • 対象商品の破損、分解、改造、汚損もしくはそれらを行ったと思われる形跡が確認された場合。
  • 消耗品の交換を要する場合。
  • 高温多湿あるいは、急激な温度変化のある所、振動が強い所、磁気を発するものの近くなどで使用した事による故障。
  • 修理サービスの受付・対応時間以外の時間における修理サービス。
  • 本製品に起因するお客様の成果物の不具合および業務上の一切の損害。

保守規定書

保守規定書PDF
※保守規定書をご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
保証期間とその後の対応についてはどうなりますでしょうか?
一般的にメーカー商品はメンテナンスパックが必須の商品と初期の保証のみの商品があります。

大型プリンタを新規で購入する場合は、メンテナンスパックが必須となっていることが多いです。
保守が切れた場合、その後は有料の修理で対応するか、継続保守を行なうかそれぞれメーカーによっても対応が異なります。

なお、ラミネーターなどのメーカーは3〜6ヶ月保守の場合が多く、保守が切れた後に関しては実費の修理になります。
修理に関しては小さな機械はセンドバック(返送修理)で、大きな機械は訪問対応となります。
センドバックの場合は多くの場合、修理に関する往復の送料がかかります。
訪問対応の場合は訪問対応で訪れる人数分の交通費が実費でかかってきます。
メーカーによって出発地点が異なるため、訪問対応の場合はメーカーによっても差が出ます。

なお、その他の金額についてですが、
・基本料金
・作業料金(1時間○○円×□時間)※
・部品代

※作業料金は作業時間に対して発生します。
この場合、内容によって変わることが多く、事前に大体これくらいかかりますという連絡を受けます。

システムグラフィのオリジナル商品も同じになります。
基本的に6ヶ月無料保証(※)があり、その後は全て有償修理となります。
修理時の代替品が必要な場合は対応できるものに関しては対応いたしますが、
代替品の送料や代替品のレンタル費用がかかりますのでご注意ください。
※保証が受けれる範囲もあります。

なお、故障の場合、詳しい状況を連絡いただかないと余計に費用がかかる場合があります。
かならず、
・いつから
・どのような現象
・直前どのようなことをしていたか
・その他気付いた点
こういったことを詳しくご連絡ください。

よろしくお願いします。
納品後のサポートはありますか?
購入商品にもよりますが、納品・指導・設置など、別途料金となりますがサポートさせていただけます。
まずはお問合せくださいませ。
注文前に商品を見ることはできますか?
福井県の本社・東京、大阪、福岡の営業所にある機械であればデモを行う事が出来ます。
また、メーカー品でもショールームに同行させていただき、ご案内させていただく事も可能です。
まずはお問合せくださいませ。
機械の買い替えを考えている。
提案等していただけますか?
お客様に最適なご提案をさせていただければと思います。
お問合せフォームより希望の内容や、機械等をご記載お願い致します。
機械のレンタルは可能ですか?
大変申し訳ございませんが、弊社では基本的に機械のレンタルは行っておりません。
機械のコンセントは工事等必要ですか?
200V電源をご使用になる場合、工事が必要になる場合がございます。 ご不安な場合はご使用の環境をもとに、お尋ねくださいませ。
自分が持っているメディアでテスト印刷はできますか?
テスト印刷等行う事が可能です。
弊社にある機械のみ対応可能となります。
(注)メディアによっては対応できないものもございます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
出力依頼はできますか?
姉妹サイト「電脳プリント」にて対応させていただいております。
電脳プリントよりご注文、データ入稿をお待ちしております。

電脳プリントはこちら


営業の方に来てもらう事は出来ますか?
可能です。
弊社全国に営業マンが営業に行っているため、必要に応じてお客様の元での説明が可能です。
もし、機械の動作が見たい場合は一度ご相談いただければ商品と場所によっては対応可能な場合があります。
また、直近のイベントなどのご案内などさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
機械の中古品の取り扱いはある?
姉妹サイト「中古品.com」にてお取扱いしております。
機械の売買が可能でございます。

中古品.com はこちら


商品検索

こちらから商品検索ができます。

お問い合わせはこちら
営業案内
営業日/月〜金
休業日/土日祝及び弊社休業日
TEL 0778-51-8578
受付時間/AM9:00〜PM6:00
(メール、FAXは24時間受付可能ですが、返信は営業日内となります)
株式会社システムグラフィ
〒916-0038
福井県鯖江市下河端町414

営業カレンダー

2017年 11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年 12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31